イタリアの美味しい食卓
イタリアの伝統的な家庭料理をぜ~んぶご紹介
シルクステビア
プロフィール

コックたぁ

Author:コックたぁ
イタリアはロンバルディア州、ミシュラン1ツ星のレストランで修行後、全20州を食べ歩き、イタリア各地の郷土料理を学んできました!
さらに数種類の伝統料理原書を比較しながら、元となるリチェッタ(レシピ)を研究してきました。
特に、各地の手打ちパスタには精通しています!
現在、都内のイタリア料理店で料理長を勤めながら、将来独立のため準備中です♪

FC2カウンター

おすすめイタリア料理本♪


最近の記事

イタリアの美味しい食卓カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局イタリア料理ってなんだ?

いまやイタリア料理も日本人にとって馴染みのあるものとなりましたが、


 そもそも「イタリア料理」って何?


 そんな疑問をお持ちの人はいませんか?


パスタ?
ピザ?
オリーブオイルとにんにくを使ったような料理?
漠然とこんなふうに思っている人も多いことだと思います。しかし・・・


 


 どれも不正解です!!


 パスタも、ピザも、オリーブオイルとにんにくを使った料理も「イタリアで食べることができる料理」ではありますが、「イタリア料理」と言うことはできません!!
なぜなら・・・
「イタリア料理」というひとつの枠でくくった料理は存在しないからです!!!
イタリアというのは各州ごとに、いや、もっと細かく言うならば各町ごとにその土地の気候や農業、あるいは歴史と密接に繋がりのある、郷土料理が存在するんです。 そして、それぞれの土地の郷土料理は基本的にその土地でしか食べることができません!


例えば、同じロンバルディア州にある、クレモナとマントバはほぼ隣町ですが、クレモナの郷土料理「マルビーニ」(詰め物パスタの一種)は、マントバのレストランで見つけることはできないでしょう。
その逆にマントバの郷土料理「かぼちゃのトルテッリ」(詰め物パスタの一種)はクレモナのレストランのメニューには見つけることはほとんどないでしょう。つまり・・・
イタリア料理とは各土地ごとの伝統的な郷土料理の点の集まり
と言えます。別の言い方をすれば、
The イタリア料理
というものは存在しないのです。


 日本では、北海道の石狩鍋を北海道まで行かなくとも、東京の和食レストランで食べることができます。沖縄のソーキソバを大阪の沖縄料理店で見つけることができます。


ですが、イタリアのロンバルディア州バルテッリーナの郷土料理「ピッツォッケリ」(そば粉を練りこんだ手打ちパスタ)はバルテッリーナのレストランまで行かなければ食べることができないのです。
日本人の感覚からすれば、これはとても不便なことのようですが、これが
イタリア人気質
 で、自分の生まれ育った土地に対する、この上ない誇りと愛着心なのです。


 20071106125034.jpg
マントバの郷土料理「かぼちゃのトルテッリ」
(私が働いていたリストランテのものです)



さて、日本人からしてみればほとんど見た目も、食感も変わらない
タリアテッレとフェットゥチーネ
という手打ちパスタ。
タリアテッレはエミリアロマーニャ州フェッラーラの町で生まれた幅広い手打ちパスタ。
一方のフェットゥチーネはラツィオ州ローマ近辺で生まれた幅広い手打ちパスタ。 
材料も見た目も
「同じでしょう??」
と誰もが言いたくなるようなこの二つのパスタ。
きっすいのローマの料理人から言わしてみれば
「タリアテッレなんかと一緒にしてもらっちゃあ困るね。フェットゥチーネのほうが美味しいよ」
と言います。
フェッラーラの人にしてみればその逆なんです。


ここにイタリア人の、 かわいいくらい頑固な、そして自分の土地と土地のものを愛する気質 が見えますね♪
これからそんな各州、各町にある、美味しい郷土料理をここで紹介していければと思います。



 
イタリアの市場の風景
(むき出しの野菜や果物がゴロゴロ♪いかにもイタリアらしいですよね。)



クリックしていただけると励みになります☆↓↓↓
  にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

スポンサーサイト

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
はじめまして
偶然みつけ、興味深く拝見させて頂きました。

私は度素人ですが、パスタが大好きで、
昔イタリア料理店でバイトもしていました。
(ホールの方ですが;)
私事ですが、来年結婚予定で、
おいしいパスタを家庭でササッと作れるようになりたいなーと日々修行中です。
ぜひ、参考にさせてください。

更新楽しみにしています。
お仕事お忙しいかとは思いますが、
夢の独立へむけて頑張ってください!
【2007/11/05 18:08】 URL | totti #- [ 編集]

ありがとうございます(^^)
tottiさん、コメントありがとうございます☆
イタリア料理はもともとは家庭料理から始まったものですから、難しいものではないですし、気を張らずにイタリア人の気持ちになって楽しく美味しく!だけを思ってチャレンジしてみてください♪
仕事の合間を見つけて少しずつでも更新していきますので、宜しくお願い致します!
【2007/11/06 02:19】 URL | コックたぁ #- [ 編集]


さっそくお気に入りに追加したよ!

ペルージャで私が具合悪くて寝込んでいたときに、コックたぁが作ってくれたズッパは最高でした。栄養たっぷりで即効治ったし。
クリスマスメニューも大好評だったよね~。

これからもブログ更新楽しみにシテマス。Forza!!
【2007/11/19 17:10】 URL | さき #- [ 編集]


さきさん、コメントありがとう☆
イタリアで学んだ、本物の郷土料理をたくさんココで紹介していけたらと思ってます。まめに更新できるよう、頑張ります!
【2007/11/20 01:31】 URL | コックたぁ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cooktaa.blog123.fc2.com/tb.php/1-1e0f6026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア料理イタリア料理(イタリアりょうり)は、イタリアを発祥とする料理法で、世界の多くで好まれ多くの地域で料理されている。日本で認識されている特徴として、オリーブ・オイルやオリーブ、トマトが使われる事が多いということが挙げられる。しかしこれは南イタリア イタリアン♪コメスタ【2007/11/07 15:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。